診療案内

新城パーク歯科クリニックホーム診療案内:インプラント・口腔外科

インプラント・口腔外科

自然な見た目でしっかり噛めるインプラント

インプラント治療は、失った歯の替わりに人工歯根を顎の骨へ直接埋め込みその上に人工の歯を被せて歯の機能を回復させる治療法です。人工歯根が顎の骨にしっかり結合するため、自然な噛み心地がよみがえります。また、人工歯に使われるセラミックは本物の歯に近い質感・見た目で、どれがインプラント治療を行った歯かわからないほどです。

インプラントは優れた機能と美しい見た目を両立していることから、虫歯や歯周病、事故などで歯を失った方、入れ歯に不満をお持ちの方に好評をいただいています。

インプラントと入れ歯との比較

インプラントのメリット
  • 本物の歯と同等の見た目
  • 本物の歯と同等の噛む力・違和感が少ない
入れ歯のメリット
  • 健康保険がきくものの場合、費用が割安
  • 治療期間が短い
  • 適用条件が少なく、ほとんどの人が治療を受けられる
インプラントのデメリット
  • 手術が必要
  • 治療期間は長いが、昔に比べると短縮されている
  • 健康保険がきかないため費用が割高
  • 全身疾患がある場合は適用できない場合もある
入れ歯のデメリット
  • 付けていて違和感を覚えることがある
  • 発音しづらくなることがある
  • インプラントより見た目が劣る

入れ歯についてもっと詳しく

インプラント治療の流れ

検査
顎の骨や残っている歯や歯ぐき、噛み合わせなどを確認します。※顎の骨が足りない場合や歯周病で歯ぐきが炎症している場合は、インプラント治療ができないことがあります。
1回目の手術
人工歯根本体を骨の中に埋め込む穴をあけ、顎の骨に埋め込みます。
治癒期間
人工歯根と骨が結合するまで3~6ヶ月間置きます。(場合いによっては1ヶ月で結合することもあります)
2回目の手術
人工歯根と骨が結合したことを確認して歯ぐきを切開し、頭部を露出します。続いて、露出した頭部に人工歯の土台を連結します。
人口歯の装着
人工歯を被せます。
メンテナンス
快適なインプラントを使い続けるためにはメンテナンスが欠かせません。適切な通院間隔をお伝えしますので、ぜひ当院のメンテナンスをお受けください。

失った歯の本数とインプラント

歯を一本失った場合
歯を失った部分にインプラントを一本埋め込みます。ブリッジのように両脇の歯を削る必要がありません。
歯を何本か失った場合
歯を失った部分に数本のインプラントを埋め込みます。入れ歯のように固定するための金属製のバネを使わないため、自然な見た目です。
歯を全部失った場合
歯のない歯列に4~6本のインプラントを埋め込みます。インプラントは人工歯根によってしっかり固定されるため、食べ物が挟まったり、ガタついたりすることはほとんどありません。

料金表

※料金はすべて税抜です。

相談料 無料
インプラント 1本 ¥350,000 ~ ¥450,000
PRP 人工骨使用時は材料費 ¥100,000 ~ ¥150,000

口内炎などは口腔外科で治療します

  • 口内炎ができて痛い
  • 親知らずが生えてズキズキ痛む
  • 舌にできものができて痛い

このような方には口腔外科の受診をおすすめします。口腔外科では、口内炎や親知らずの痛み、舌にできたできものなどの治療・改善を行っています。

当院の口腔外科メニュー

下記の症状は口腔外科の治療によって改善します。

親知らずが生えるときの痛み
親知らずが横や斜めに生えてきたり、歯ぐきに埋まったりしていると、痛みが生じます。口腔外科では、歯肉の切開や抜歯を行い、親知らずの痛みを取り除きます。親知らずが痛むと汚れが落としづらくなり、虫歯や歯周病にもなりやすくなるので、お早めに口腔外科を受診してください。
口内炎
口内炎も口腔外科で治療できます。口内炎がよくできる人には、生活習慣に関するアドバイスも行い、口内炎予防のお手伝いをいたします。
口の中の怪我
歯に強い衝撃を受けた場合に、口の中を切ってしまうことがあります。大きな怪我の場合は、傷跡が残ってしまうこともあるのでお早めに受診してください。できるかぎり傷跡が残らないように治療します。
金属アレルギー
銀歯や入れ歯・矯正装置に用いる金属の留め具でアレルギー症状を起こす方もご相談ください。口腔外科治療で症状を改善できます。